介護施設の選び方について

介護施設の選び方について

母親を有料老人ホームに入所させました。
これまで25年近く一緒に暮らしてきましたが、急に体調を崩し一ヶ月ほど入院してから容体が変わりました。
それまではまったくもって元気だったのですが、急に痩せ細ってしまい、意識もだいぶ遠くなってしまったように感じます。
そのあと一度退院になり自宅へ戻ったのですが、やはり体調を崩す機会が多く入退院を繰り返すようになりました。
あまり外に出なくなったからか、痴呆の傾向もみられます。
はじめのうちは何かあったときだけ仕事を休ませてもらって介護をしていました。
けれども、さすがに共働き世帯なので、夫婦たちだけで介護を行うのにも限界を感じて、老人ホームへの入所を決意した限りです。
ただ、介護施設も本当にさまざまなので、しっかり調べておいた方がいいと思います。
料金も安いところと高いところでは1.5?2倍くらい変わってきます。
特に違うのは、施設の自由度です。
ガチガチに細かい規則が決められていて安全を管理するのか、それとも本人の意思を尊重したケアをする代わりに多少のリスクには目をつぶるのか。
私たちは後者を選びました。
もうそんなに時間は残されていないのであれば、自宅で暮らせない分、ゆったりと過ごして欲しかったからです。
苦渋の決断でしたが、間違ってはいなかったと思っています。
実際に施設の方もとても感じがよく、母が亡くなったときのお通夜では、本気で涙を流してくれていました。
今でも感謝しています。

 

神奈川県の介護求人は余裕をもって行ってほしいですね。