介護職の人手不足を改善するには

介護職の人手不足を改善するには

高齢化社会が進む中、介護の仕事に注目が集まっています。
たくさんの介護職がありますが、その中でも注目を集めているのが、介護福祉士です。

 

この資格は、高齢者のサポートを行うための、もっとも強みのある資格とも言えます。
国家資格となっており、年々、取得者が増えている人気の資格の一つでもあるのです。

 

別名、ケアワーカーともよばれていますが、特別養護老人ホームや病院、デイケアセンターなどの社会福祉施設で活動することができます。
気になる取得方法ですが、実務が3年以上、かつ実働日数が540日以上であることなど、いくつかの受験資格が設けられています。

 

無資格者においては450時間、ホームヘルパー3級保持者は450時間、ホームヘルパー2級保持者は320時間の実務者研修を受ける必要もあります。

 

高齢者のサポートを行っていく資格の一つとして注目を集めていますが、やりがいを感じることもでき、長く続けていける仕事の一つとして注目を集めています。
しかし、まだまだ高齢者の数に比べて、サポートしてくれる人手が足りません。

 

こんな状況においてスタッフの人手不足は、現在の日本では大きな社会問題となっているとも言えます。
これからも高齢者の数は増え続けますから、サポートしてくれるスタッフは必要なのです。

 

賃金や待遇面の悪さもあり、離職率も高いこともサポートするスタッフの人手不足の理由でもあります。
これからの高齢化社会を充実させていくためにも、高齢者のサポートスタッフへの配慮は考えなければいけない問題のひとつかもしれません。

 


神奈川県の介護求人情報も徐々にですがよくなってきています。