介護疲れを解消するために、何をすべきか

介護疲れを解消するために、何をすべきか

少子高齢化が進む我が国では、今後親世代の介護をしなければならなくなる若者の人口が激減していることが大きな問題となっています。

 

それは1日のほとんどの時間を費やすことになり、自分の時間は作れないうえに体力も必要で、出口の見えない毎日に疲れきってしまい悩んでいる方は非常に多いのです。
今後も増えていくであろうこのような悩みを持つ方は、どのようにそれと付き合っていけば良いのでしょうか。
この問題は、いつまで続くのか分からない毎日に精神的に参ってしまうという方が多いのが現状なのです。
責任感が強い方ほどこのような考えから悩んでしまうケースが多く、まずは最初から完璧にやろうとしないことが大事です。

 

自分の親ならなおさら、手を抜きたくない、完璧にやってあげたいと思うのは当然ではありますが、何しろ初めから出来る人なんていないのですから親族や各種の介護サービスなど、相談出来る人には迷わず相談し、協力をお願いしましょう。

 

一週間に一日でも自分の時間を作ることができれば気分も全く変わってくるものです。
それが難しければ、夜のお風呂の時間だけでもゆっくり入れる時間を確保しましょう。
同じ境遇の友人などがいればお互いがきっと良き相談相手になると思いますので、たまには思いきり愚痴を言うのも良いでしょう。
そして、泣きたいときに泣くということがストレス解消には非常に大切で、涙の中にはストレス要因となる物質が含まれていて思い切り涙を流す事によりそのストレス要因の物質を老廃物として体外に排出するのです。

 

介護のテクニックの情報収集をしたり、自宅をやりやすい環境に整えたりすることでもその費やす時間は大幅に変わってきます。
難しい問題ではありますが、少しずつその要領を覚え、まわりの協力をお願いし少しでも自分の時間を作り、泣きたいときには泣く、それを繰り返しあなたの健康を損なわないように毎日を過ごしていきたいですね。

 


神奈川県でも少子高齢化は進んでいます。
介護求人も急上昇。いいところを選んで面接しましょう。