される側の気持ちへの思いやりを持てば、優しい態度で介護ができます

される側の気持ちへの思いやりを持てば、優しい態度で介護ができます

介護においては、着替えや食事、歩行、排泄、入浴など、日常のさまざまなシーンでのお世話をすることになります。
こうしたお世話はなかなか手間がかかることです。

 

なので、する側としてはつい、お世話をしてあげるのだと、される側よりもする側の方が優位に立っているかのような意識を持ってしまいがちになります。
そして、そういった意識を持っていると、される側がお世話に非協力的な態度を見せたときに、せっかくやってあげているのに、と不満を抱いてしまうことも多いのではないでしょうか。

 

しかし、そこで少し冷静になって、介護される側の気持ちを考えてみましょう。

 

服を自分で着替えることやきれいに食事をとること、自分の足で歩いてトイレを済ませたりお風呂に入ったりすることはどれも、基本的には大人であれば当たり前に自分でやってきたことです。
それが突然自分でできなくなってしまったがために、人の手を借りる必要が出てしまったら、どんな気持ちになるでしょうか。
何とか自分でやりたい、こんな当たり前のことをするのに人の手を借りるだなんて恥ずかしい、という思いを持つのは自然なことでしょう。
その結果、お世話をしてくれる人がいること自体には感謝はしていても、お世話を拒否する態度をとってしまうのも無理からぬことです。

 

お世話をする際には、される側に恥ずかしい思いを我慢してお世話を受けてもらっているのだという思いやりの気持ちを持つようにしてみてください。
そうすれば、不必要に苛立つことなく、穏やかな態度で介護をすることが可能になるでしょう。

 


なかなか自宅ではこれは大変です。
勉強したとしても経験がない限りむつかしいですね。
神奈川県では、自宅でお手上げで、ヘルパーを頼む人は増えています。
介護求人も増えてますね。